TOTAL CAREアプローチ協会

TOTAL CARE アプローチ協会について

TOTACAREアプローチ協会

こんにちは、TOTALCAREアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!
TOTALCAREアプローチ協会代表の北爪です(^^)

この記事を通して、当協会の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

結成の経緯や理念について述べさせて頂きます。

こういった話題は退屈な文章の羅列になりがちです。

 

なので、あえて物語形式で書かせて頂きます。

文量は多いですが、
かなりライトに書きましたので
エンタメ感覚でさらっと読めると思います。

では、ここからが物語です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

僕は、総合病院で働く理学療法士。

病院には毎日様々な患者様が入院している。

脳卒中の方、肺炎の方、心不全の方、骨折の方…etc

そんな患者様達と徒手療法や機能訓練を通して関わる毎日はとても充実していた。

リハビリは1対1のサービス業だ。

入院の患者様は1日あたり1~2時間も関わる。

看護師や医者が一人の患者とまとまった時間を過ごすことはない。

信頼関係を築いた患者様が

自分のリハビリで改善していく過程は

本当にやりがいを感じる。

(もちろん、提供したリハビリ以上に患者様自身の努力が改善には重要だ)

「来年は旅行に行きたいです。」

「せっかく良くなったから100歳を目指してみようかしら。」

そう笑顔で言って退院していく姿を見送れる時

この瞬間が、この仕事を続けたいと思う理由の一つだ。

ただ、現実は明るい出来事ばかりではない。

笑顔で退院した患者さんが

脳卒中などの病気を再発して

1年足らずで再入院してきてしまうケースがあるのだ。

努力が報われ、嬉しそうに歩いて退院した患者様が

全身をチューブで繋がれて意識不明の状態で運び込まれてくる。

そして、2度目、3度目と発症の回数が多ければ多いほど、当然予後は不良になる。

元の生活には戻れなくなってしまうのだ。

そんな光景を目にしてしまうと、

「前回の入院で必死にリハビリを頑張った患者さんの努力は何だったのだろう…。」

とやるせない気持ちにならずにはいられない。

ヒトは誰しも必ず老いるが、
この変化はあまりにも急すぎる。

そんな経験を

何度も

何度も

何度も

繰り返していると
セラピストは病気の再発防止、発症予防にも力を注ぐべきと考えるようになった。

しかし、ここは病院だ。

既に病気になってしまった人が来る場所だ。

そこで

「予防が大切ですよー」

「その為には日頃の生活習慣が~」

とメッセージを発信しても相手を不快にさせる可能性が非常に高い

中には1度目の発症で重篤な後遺症を背負ってしまう患者様もいるのだから当然だ。

『予防医学を伝えるべき場所は病院の外にある』

そう考えた僕が最初に起こしたアクションは
個人ブログの開設だ。

自分でブログを開設し、
そこに予防医学に関する知識を投稿していった。

しかし、
その試みも効果的とは言えなかった。

記事をどれだけ書いても
一向に読まれないのだ。

ブログの閲覧数や記事の滞在時間を 
モニターするツールがある。

それによると、
僕の記事の平均閲覧数は2回
平均滞在時間は2~3秒程だった。

つまり、
誰も読んでいないに等しかった。 

SEO対策など原因は色々と考えられるが、
そもそも予防医学に関心を寄せる人が少ないのだろう。

ヒトは失って初めて気がつく生き物だ。

健康な体が当たり前の人々にとって、
『予防医学』という考えは響きにくい。

ここで僕は悩んだ。

「皆に予防医学に関心を持ってもらうには、どうしたらいいだろう…。」

そう悩んでいると、
ある日こんな言葉を見つけた

『健康美』

この言葉を見てピンと閃いた。

「美しさ」と「健康」は相関する。

そこから

「美しさと健康を両立させる知識や技術を届けよう。」

「そうすれば、結果的には予防医学に繋がる。」

このように考えるようになった。

しかし、
以前のようにブログを更新する気にはなれなかった。

この時になって知ったのだが、
個人のブログを大勢に読んでもらうことは
非常に難しいことなのだ。

プロブロガーでもない限り、
誰にも読まれずに埋もれてしまう記事が量産されるだけだ。

ここから
悶々とした日々が続いた。

良さそうなアイディアは思い付いたが、
具体的な方法論が無いのだ。

この間にも積極的に
様々な勉強会に出席するようにしていた。

何か行動を起こしたいが、
何をすれば良いか分からない。

そんなフラストレーションを紛らわすように、
勉強会を転々としていたのだ。

すると
ある日、転機が訪れた。

とある勉強会後の懇親会のことだ。

その場にいた男性セラピストと話をする機会があった。

その時、彼は自分にこんな話をしてくれたのだ。

「治療技術を伝えるセミナー団体を運営していますが、女性の参加者は少ないです。
男性の受講生ばかりで参加しづらいのが原因のようなので、女性限定のセミナー団体も設立しようと考えています。その協力者を募集しています。」
と。

この話を受けて、目の前に光明が差した気がした。

(一般の人々ではなく、女性セラピストに美容方面での治療技術や知識をお伝えすれば良いのではないだろうか?)

(そして、セミナーを通してスキルアップした女性セラピストの方々が、それぞれの患者様に知識・技術を提供すれば、人々の『健康美』に繋がるのではないか?)

そう考えて、
懇親会の場で、相手のセラピストに自分の想いを全て伝えた。

予防医学を広めたい理由

これまでの自分の活動

健康と美しさというコンセプト

彼は僕の話を熱心に聞いてくれた。

そして、

「一緒にセミナーをやりませんか?」

そう声をかけてくれたのだ。

その瞬間こそ

これがTOTAL CARE アプローチ協会 設立の瞬間だった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いかがだったでしょうか?

かなり長文でしたが、
当協会のコンセプトを理解して頂けたのではないかと思います。

最初に当協会について知って頂くことで

今後のメッセージが読みやすくなると考えて

最初の内容をこのような形式にさせて頂きました。

 

今後ともTOTAL CARE アプローチ協会を宜しくお願い致します。

 

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました。
メルマガ限定の情報もありますので、宜しければそちらもご覧ください♪
【メルマガ登録はこちら】

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

女性同士で多くのご縁をつなぎながら治療技術はもちろん、健康や美容の知識・スキルを持った女性セラピストを作り出し日本女性の在り方を尊重し数多くの笑顔を作ることを目指して行きます。

予防医学として、人間本来が持つ自然治癒力が最大限発揮できるよう我々スタッフ一同が全力でサポートしていきます。その結果、日本中の女性が健康となることが最大の社会貢献であり常に全力を注いでいきます。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録