TOTAL CAREアプローチ協会

骨盤の歪みがもたらす健康被害。骨盤矯正で救える患者様の症状とは?

こんにちは、いつもTOTALCAREアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

TOTALCAREアプローチ協会講師の北爪です(^^)

当ブログを通して、解剖学や生理学、栄養学、美容、治療テクニックなどの情報を日々配信しています。

記事の最後にはセミナー情報もありますので、是非最後までご覧ください(^^)

 

ここ数回の記事では、骨盤矯正に関する話題が連続しています。

今回の記事は、骨盤の歪みがどのような健康被害をもたらすのかをお伝えしていこうと思います。

この知識を得ることで、見た目上の問題のみを解決するテクニックとして用いていた骨盤矯正テクニックを幅広い症状に対して応用することが出来ます。

 

「ああ、その症状にも骨盤矯正が有効なんだ!」と新たな発見をして頂けると幸いです。

因みに過去の記事では『骨盤の歪みが発生するメカニズム』『骨盤の歪みの有無を確認する方法』について解説しているので、興味のある方は是非そちらもチェックしてみて下さい(^^)

参考記事1:【ヒップアップ】内臓と骨盤の歪みの関係性。見た目への影響とは?【骨盤矯正】

参考記事2:骨盤の歪みを評価する時に注目すべきポイント。骨盤が開くとは?

 

それでは、本題に入っていきます。

骨盤の歪みがもたらす健康被害とは?

骨盤は身体の中心に存在する、“関節の複合体”です。

この“関節の複合体”という視点が骨盤矯正では非常に重要になります。

 

骨盤を1つの大きな塊として見て、前傾や後傾など大雑把な評価に留めていたりしませんか?

もし、そのような視点をしているようなら、これを機に細部に注目する視点を持って頂ければと思います。

 

骨盤は左右の仙腸関節や恥骨結合からなる関節の複合体です。

この関節のコンディショニングが周囲組織の固有受容器や筋出力に密接に関与しています。

そして骨盤は身体の中心に存在する為、その影響は全身の筋-骨格、及び内臓系に波及します。

その例の1部をここから紹介していきます。

バランス能力や基本動作への関与

人間の動作を円滑に遂行する上で、欠かすことが出来ないのが骨盤のジャイロ機能です。

ジャイロ機能とは左右の骨盤が仙腸関節を起点として、互いにカウンターを取るように可動する機能です。

この機能が死んでしまうと(仙腸関節の可動性が失われると)、その機能を代償するように股関節や脊柱に大きな負担を強いることになります。

その結果、骨盤周囲や股関節、脊柱に付着する筋の出力低下を招き、様々な動作を阻害してしまいます。

 

ここでは基本動作を例に説明していますが、バランス能力が低下するということはスポーツ選手には致命的と言えます。

動作のパフォーマンス向上を目的としても骨盤矯正テクニックは有効と言えるでしょう。

 

足の痺れへの影響

骨盤のアライメント不良は、股関節周囲筋の異常筋緊張を高めることに繋がります。

その結果、筋肉に神経が圧迫されてしまい、痺れの症状が現れることになります。

坐骨神経痛などに悩まされる患者さまにも、骨盤矯正は適応になります。

頸部痛や頭痛への関与

前述の通り、骨盤の歪みは脊柱への負担(脊柱の2次的な歪み)を招くので頸部痛や頭痛を招くことが考えられます。

 

しかし、頭頚部への影響は硬膜に着目しても説明することが出来ます。

硬膜とは脳脊髄を包んでいる硬い膜で、脳や脊髄を外傷や感染から守る役割があります。

硬膜は頭蓋骨の中では大脳鎌、小脳鎌、小脳テントという形で存在し、後頭骨の大後頭孔から脊髄神経を保護するように出てきます。

最終的には第2仙椎に付着します。

 

つまり、仙骨と頭蓋骨は硬膜によっても連結しているのです。

ここで骨盤が歪み、仙骨のアライメント不良を起こしていたらどうなるでしょうか?

 

硬膜ラインは左右に存在しますので、どちらかの硬膜が緊張する結果となります。

すると、その張力は後頭骨にまで達し、頭蓋骨を歪ませたり一時呼吸を制限したりします。

その結果、頭痛や頸部痛に繋がるというわけです。

 

「頭蓋骨の歪み?」「一時呼吸?」という方は下リンクで詳しく解説しています。

参考記事:クラニオセイクラル(頭蓋仙骨)療法とは?その概要を解説

参考記事:クラニオセイクラル(頭蓋仙骨)療法における“一次呼吸”とは?

下半身のむくみや冷えとの関係

骨盤の歪みが股関節や殿部周囲の異常筋緊張を招くということは、筋の阻血が生じるということです。

筋の阻血=血流不全です。

下半身のむくみや冷えはいずれも血流不全の問題が根底にあるので、骨盤矯正を通して下半身への血流量を増加させてあげましょう。

 

生理痛・生理不順

骨盤の重要な役割の1つとして内臓の保護が挙げられます。

そして、骨盤に保護されている内臓は、骨盤の中に存在するので当然骨盤のアライメント不良による血流障害の影響を受けます。

子宮も例外ではありません。

 

子宮は靭帯によって、骨盤底筋(主に肛門挙筋)に固定されています。

そして、骨盤底筋は恥骨から尾骨をつなぎ、子宮・膀胱を支えています。

つまり、骨盤のアライメントに非常に影響を受けやすいのです。

 

言い方を変えれば、歪んだ骨盤は骨盤底筋を介して、子宮を引っ張るということです。

血流不全で固くなった子宮がアライメント不良による牽引力まで受けたらどうなるでしょうか?

考えただけでも痛そうですよね?ホルモンバランスも当然乱れてきてしまいます。

 

今回、この記事に記載したのは骨盤の歪みがもたらす影響のほんの一部分です。

セミナーでお会いした時には、治療技術に加えて、適応となる症状を余すところなくお伝えできればと思います(^^)

 

 

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。

【メルマガ登録はこちら】

【女性特有の症状を改善できるセミナーのご案内】

TOTACAREアプローチ協会

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

 

TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

女性同士で多くのご縁をつなぎながら治療技術はもちろん、健康や美容の知識・スキルを持った女性セラピストを作り出し日本女性の在り方を尊重し数多くの笑顔を作ることを目指して行きます。

予防医学として、人間本来が持つ自然治癒力が最大限発揮できるよう我々スタッフ一同が全力でサポートしていきます。その結果、日本中の女性が健康となることが最大の社会貢献であり常に全力を注いでいきます。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録