TOTAL CAREアプローチ協会

話題の白湯ダイエット。その効果と注意点とは?

TOTACAREアプローチ協会

いつもTOTALCAREアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!
TOTALCAREアプローチ協会講師の北爪です(^^)

 

あなたは「白湯ダイエット」という言葉をご存知でしょうか?

少し前にモデルさんや女優さんがメディアで紹介して話題になりましたね。

白湯を飲んで体を温めることにダイエット効果が期待できると、ジワジワと注目を集めています。

 

今回は、『白湯ダイエットの効果や注意点』というテーマでお伝えします。

この記事を読んで、本当に効果のある白湯の飲み方を学んでいきましょう。

白湯とは?

ご存知の方も多いと思いますが、白湯(さゆ、しらゆ)とは何も混ざっていない水を沸騰させたもののことです。

白湯ダイエットでは、沸騰させたお湯を飲める温度(50℃前後)に冷ましたものを白湯と呼んでいます。

白湯ダイエットの効果とは?

白湯ダイエットの効果は大きく分けて以下の2点を挙げることができます。

基礎代謝が上がることによる脂肪燃焼効果

白湯を飲むことで温められたお腹の血液が全身に巡ることで、体内温度を上げることができます。

そして、体内温度が1℃上がるたびに基礎代謝が12~13%上昇すると言われています。

 

基礎代謝とは、何もしないでじっとしていても生命維持の為に勝手に消費されるエネルギーのことです。

そして、この基礎代謝は全体のエネルギー消費の60%を占めると言われています。

 

これは凄いことです。

つまり、『体内温度が高い人=何もしなくても勝手に痩せやすい人』ということです。

以上のことを踏まえると、お冷よりも常温の水、常温の水よりも白湯を飲んだ方がダイエット向きであることが分かりますね。

 

内臓の働きが活発になることによるデトックス効果

基本的に内臓とは、温められるほど働きが活発になるという性質があります。

「冷たい物を食べすぎるとお腹を壊すよ」とご両親に言われて育った覚えがある人も多いと思いますが、この教えの背景にはしっかりと理由があったということです。

 

そして、温められた内臓が活発に動くとということは、消化促進効果、老廃物の除去効果を高めることが出来ることを意味します。

つまり、ダイエット効果に留まらず便秘改善やニキビ等の肌トラブル予防にも効果が期待できると言えます。

 

また、飲み会の翌日や食べすぎてしまった後などは、胃腸に大きな負担がかかっています。

白湯を飲んで腸を温めることで弱った胃腸の働きを助けてあげると良いでしょう。

 

白湯ダイエットのやり方と注意点

ここからは、白湯ダイエットの方法と注意点について触れていきます。

正しい方法で実践しないと、効果が得られなかったり悪影響を産んでしまったりしまうので、是非確認してください。

一回に飲む量は120~200mlを目安に

 

一回に飲む量はコップ一杯程度に抑えてください。

一度に大量に飲もうとすると胃酸が薄まってしまい、消化の妨げに繋がります。

特に、食事中のガブ飲みは避けた方が賢明です。

 

白湯は1日800mlまで

1日に必要とされる水分摂取量は1.5~2ℓと言われています。

しかし、白湯は水と比較して吸収率が高いため大量に飲むとかえって身体がむくんでしまう危険性があります。

いわゆる“水太り”を招いてしまうということです。

 

白湯による水分摂取は800mlまでに留めて、残りの水分摂取は常温の水で補うようにしましょう。

 

また、水分は飲み水以外にも摂取することが出来ます。

ご飯など食べ物に含まれる水分が約500ml

体内で栄養を消費する時に生み出される代謝水が300ml

 

つまり、白湯で800ml、食事で500ml、代謝水で300mlとすると、白湯以外の飲み水で行う水分補給は500ml前後で十分であると言えます。

 

ただ、外気温や運動量、体の大きさなどによって必要とされる水分量には個人差がありますので、あくまで目安程度に覚えておいて下さい。

白湯の温度は50℃前後に

前述しましたが、白湯の温度は50℃前後に調整して飲むようにしましょう。

 

あまりにも高温で飲んでしまうと、かえって内臓に負担をかけてしまいます。

アツアツの白湯は“刺激物”となってしまう、と表現するとイメージしやすいでしょうか。

 

「温度をいちいち確認するのが面倒臭い!」という方は、“チビチビと少しずつなら飲める程度の温度”を意識してみて下さい。

僕も白湯を飲むときは上記の認識で温度調節をするようにしています。

 

逆に、白湯の温度がぬる過ぎても問題です。

白湯を飲む大きなメリットは、体内温度を上昇させることです。

38℃以下の白湯では体内温度を下げてしまう方向に作用してしまいます。

少し熱いくらいの白湯を少しずつ飲むようにしましょう。

 

白湯がまずく感じる・・・

当たり前のことですが、基本的に白湯は無味無臭な飲み物です。

味覚的な観点から言えば、“美味しくもなければ不味くもない飲み物”です。

 

しかし、味の濃い食べ物や飲み物を日常的に口にしている人ほど白湯を不味く感じる傾向があるようです。

科学的な根拠は不明ですが、お酒を飲んだ次の日や睡眠不足の時にも白湯が苦く感じたりすると報告されています。

 

「白湯がまずく感じるということは、体調や腸内環境が良くないのかもしれない。」と思ってまずは1ヵ月実践してみてください。

 

まとめ

  • 白湯を飲んで基礎代謝が向上し、カロリーを消費しやすくする。
  • 内臓温度を上げることで、消化機能やデトックス効果を期待。
  • 白湯は1回200mlを1日800mlまで。温度は50℃前後に調整。
  • 多少まずく感じてもまずは1ヵ月実践してみよう。

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。

(女性スタッフ募集中 詳しくはこちら↓)

【女性特有の症状を改善できるセミナーのご案内】

TOTACAREアプローチ協会

 

TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

私たちのミッションは、自らの学び・成長を通して、確かな知識・技術を持った女性セラピストを世の中に生み出すことである。この活動により、女性セラピストが行う社会貢献を全面的に支援していく。

人々の『美しさ』と『健康』を最大限サポートし、予防医学としても日本社会に貢献していくことを喜びとする。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録