TOTAL CAREアプローチ協会

脾臓の内臓治療における適応・禁忌。反射点はどこにあるのか?

こんにちは、いつもTOTALCAREアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

TOTALCAREアプローチ協会講師の北爪です(^^)

前回記事までで、『脾臓の解剖学』『脾臓の生理学的特徴』の2つをお伝えしてきました。

今回の記事では、上記2つの内容を踏まえて脾臓の内臓治療を行う上での適応や禁忌事項、注意点などをお伝え致します。

基本的には、内臓治療は筋-骨格系に対するアプローチよりも、比較的侵襲性は少なく、身体に負担となりにくいテクニックとされています。

しかしながら、禁忌事項や注意点が存在しないわけではありません。

この機会にしっかりと確認し、患者様に安全な治療を提供できるようにしましょう!

TOTACAREアプローチ協会

脾臓の内臓治療の適応疾患、症状

脾臓は循環や免疫系の役割がある臓器なので、それらの機能不全が原因となり発症する症状に対して用いられることが多いです。

具体的には以下に挙げるような症状です。

●肩こり、頸部、肩痛、腰痛

●低体温

●風邪

●リウマチなどの自己免疫疾患

●体力低下

●便秘(脾臓が左の結腸曲を圧迫するため)

●不妊

●冷え性

●アレルギー

●花粉症

上記のような症状を示す患者様に対して、脾臓治療は有効とされています。

脾臓の内臓治療における禁忌事項

●巨脾腫

●脾機能亢進

●脾臓を治療したことが引き金となり、深刻な悪心、嘔吐、めまい、虚脱傾向、頻脈など、明らかに自律神経系の反応が現れた場合は、治療を中止する。

特に、最後のものは“好転反応”と呼ばれる症状であり、内臓治療を長時間やり過ぎてしまうと副作用的に生じる症状です。

参考書によって内臓治療に要する時間の目安は記載がことなるようですが、個人的には1カ所あたり約40秒以内に収めることが、好転反応を出さない治療時間の目安と考えています。

もちろん、好転反応には個人差が存在しますが、参考までに覚えておいて頂ければと思います。

脾臓の内臓反射点

『反射点』とは各臓器と筋膜の繋がりによって関連している身体部位の総称です。

内臓の状態を反映しており、内臓が疲弊している時などは筋硬結を生じさせ、圧痛として認識することができます。

 

脾臓の反射点は以下の通りです。

●左母指水かき

●左恥骨

●第8、第9胸椎

 

 

今回の記事は以上となります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

以下に現在開催しているセミナーのご案内がありますので、そちらもご確認頂けると幸いです(^^)

【女性特有の症状を改善できるセミナーのご案内】

TOTACAREアプローチ協会

 

TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

私たちのミッションは、自らの学び・成長を通して、確かな知識・技術を持った女性セラピストを世の中に生み出すことである。この活動により、女性セラピストが行う社会貢献を全面的に支援していく。

人々の『美しさ』と『健康』を最大限サポートし、予防医学としても日本社会に貢献していくことを喜びとする。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録