TOTAL CAREアプローチ協会

肝臓が持つ解毒作用。血液の濾過システムの重要性

いつもTOTALCAREアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!
TOTALCAREアプローチ協会講師の北爪です(^^)

 

今回も、前回記事に引き続き肝臓治療に関するお話です。

前回は、肝臓に関連する筋-骨格系の問題点についてお伝えしています。

前回記事:索もしくは上下矢印キーを使って項目を選択してください。 肝臓治療の臨床導入。反射点の確認と肩痛、腰痛との関係性

 

今回は、肝臓の生理学的な役割の中でもトップクラスに重要と言える“解毒作用”についてお伝えしていきます。

内臓治療は機能的な解剖学のイメージはもちろんですが、各臓器の生理学的な役割を理解しているか否かでも、大きく治療効果が異なるという特徴があります。

つまり、対象となる臓器が“何処にあり、どんな役割を持つのか”を理解することが非常に重要になるということです。

 

今回は肝臓が持つ解毒作用について理解を深めていきましょう!

TOTACAREアプローチ協会

肝臓が持つ解毒作用

肝臓が持つ生理学的な作用は多岐にわたり、細分化すればその仕事量は500種類を超えると言われています。

そして、無数に存在する仕事のうち、最も重要と言える肝臓の仕事こそが解毒作用となります。

 

肝臓の解毒システムは複数存在しますので、この記事では主だったものを紹介していきます。

血液の濾過システム

濾過(ろか)とは一般的に液体などに含まれる不純物を取り除く仕組みとして理解されています。

 

肝臓には心臓からの冠動脈と腸からの肝門脈を通じて、絶え間なく血液が流れ込んでいます。

この2カ所からの血液で肝臓は栄養で満たされています。

 

そして、肝小葉と呼ばれる肝細胞の集合体によって栄養素の貯蔵、製造、処理を行います。

 

この過程で肝臓は、炭水化物を糖質に変換したり、すぐには使用しない栄養を貯蔵したりしています。

(この貯蔵システムが肥満に関係するのですが、それはまた違う機会にご紹介します。)

 

また、食べ物には人体にとって不要・有害な物質も含まれています。

そんな有害物質も種々の栄養素と一緒になって、血流に乗って肝臓に流れ込みます。

 

肝臓では、そんな有害物質たちの99%を浄化してくれる働きが備わっています。

これが、肝臓が持つ血液の濾過システムです。

 

日常の中で疲弊する濾過システム

では、この肝臓の濾過システムが作用しなくなった場合はどんなことが生じるでしょうか?

そもそも、そんなことは起こりうるのでしょうか?

 

実は、現代人のライフスタイルを鑑みると血液の濾過システムがオーバーヒートしてしまうことが近年、懸念されています。

その背景には保存料や人工甘味料に代表される食品添加物の大量摂取や酸化油、トランス脂肪酸の存在などがあります。

もちろん、アルコールの処理も肝臓の解毒システムで行っています。

 

肝臓が持つ血液の濾過システムを酷使して、慢性的な肝臓疲労を引き起こしている方は非常に多く見受けられます。

 

この濾過システムの酷使に関しては、使い古したエアコンなどのフィルターをイメージして頂くと分かりやすいと思います。

同じフィルターを長年使っていると、ゴミが常に付着した状態であり、不純物の回収率が徐々に悪くなってしまいます。

 

これと同じ現象が肝臓の濾過システムでも生じてしまうのです。

実際に、疲弊した肝臓では、通過してしまう毒素の量が通常の10倍に跳ね上がると言われています。

 

濾過システムに異常が生じた場合

血液が濾過されずに毒素を含んだ血液が肝臓を通過すると、その毒素は肝静脈から上大静脈を介して肺や心臓へ送られます。

すると、肺や心臓がダメージを受けるばかりか、毒素を含んだ血液が全身の組織、細胞に送り出されてしまうことになります。

 

そうなれば、当然イネイトインテリジェンスは阻害され、正常に機能しなくなってしまいます。

イネイトインテリジェンス時は、排泄(解毒)・同化(吸収)・適応(免疫)・生殖・成長を通して行われる自然治癒力を高める能力のことです。

関連記事:これからのセラピストに必要な『内臓治療』とは?その基礎を公開

 

肝臓治療で解毒作用を高める前に、肺や心臓の治療を行ってしまうと毒素を含んだ血液が更に全身を回りやすくなってしまいます。

このため、内臓治療を行う時は肝臓治療を優先的に行うことが多いとされています。(実際、僕も使用頻度が最も高いテクニックです。)

 

内臓治療を行う上では、その内臓が持つ生理学的な役割も考慮して、治療の順番を決めるようにしましょう。

 

まとめ

  • 肝臓には血液の濾過システムが存在し、これにより血液中の有害物質を除去している。
  • 肝臓が疲弊すると濾過システムが正常に機能しなくなり、汚染された血液が全身に回ることになる。
  • 肝臓治療を行う前に、循環器系の治療をしてしまうと、毒素が全身に回るのを助長する可能性がある。

 

今回の記事は以上となります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。

 

(女性スタッフ募集中 詳しくはこちら↓)

【女性特有の症状を改善できるセミナーのご案内】

TOTACAREアプローチ協会
ABOUT ME
山口 拓也
山口 拓也
病院勤務を経て24歳で独立開業。24歳に病院で勤務しているにも関わらず、週末開業で100万を達成させる。本開業後も100万以上をキープしつつセラピストに治療技術を伝達するALLアプローチ協会を設立。わずか5ヶ月で協会の売り上げが月180万以上を達成し毎月40〜50人以上の受講生さんに治療技術を教える。開業志望のあるセラピストに経営のノウハウも伝え幅広い活動を行なっている。そして、女性が来やすいセミナー団体としてTOTALCAREアプローチ協会を設立した。
TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

女性同士で多くのご縁をつなぎながら治療技術はもちろん、健康や美容の知識・スキルを持った女性セラピストを作り出し日本女性の在り方を尊重し数多くの笑顔を作ることを目指して行きます。

予防医学として、人間本来が持つ自然治癒力が最大限発揮できるよう我々スタッフ一同が全力でサポートしていきます。その結果、日本中の女性が健康となることが最大の社会貢献であり常に全力を注いでいきます。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録