TOTAL CAREアプローチ協会

呼吸と内臓の関係性。呼吸から内臓にアプローチする方法とは?

こんにちは、いつもTOTALCAREアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

TOTALCAREアプローチ協会講師の北爪です(^^)

ブログを通して、解剖学や生理学、栄養学、治療テクニックなどの情報を配信しています

記事の最後にはお得なセミナー情報も掲載しているので、是非最後までご覧ください!

 

今回の記事は『呼吸』と『内臓』の関係性についてです。

呼吸と内臓というと真っ先に連想されるのは肺だと思いますが、今回はガス交換としての呼吸ではなく、運動としての呼吸と内臓の関係性についてお伝えしたいと思います。

 

皆さんは、ご自分が1日に何回くらい呼吸していると思いますか?

正解は20000回以上と言われています。

その呼吸の質を少しでも意識することで、内臓のコンディションを整えることができます。

TOTACAREアプローチ協会

横隔膜と関連が深い内臓の可動力(および自動力)

呼吸の主動作筋と言えば、もちろん横隔膜です。

吸気によって横隔膜は収縮し、安静呼気では横隔膜は弛緩します。

 

そして、内臓は腹膜や筋膜の連結によって、横隔膜の動きに可動力や自動力が規定させている場合が非常に多いとされています。

※可動力とは臓器が持つ、隣接する組織との間に生じる運動のことです。
 呼吸や平滑筋の不随意的な収縮、蠕動運動などがこの可動力を規定しています。

※自動力れぞれの臓器に備わった固有の振幅運動のことです。
 臓器の“周波数”と表現する場合もあります。

 

つまり、吸気時に横隔膜が収縮すると、それ以下の臓器は尾側に圧迫を受けます。

そして呼気時には横隔膜と共に頭側に引き上げられます。

 

呼吸という規則的な周期によって、臓器は尾側・頭側に行ったり来たりと、動かされているというわけです。

呼吸と内臓治療の関係性とは?

呼吸によって絶えず上下に動かされている内臓は、その運動だけでもある程度の可動力が確保されていると言えます。

では、呼吸が浅く横隔膜があまり動かない呼吸ではどうでしょうか?

 

その場合は、内臓の動きが小さく、可動力は徐々に失われ循環状態も悪くなってしまいます。

現代人はスマホやデスクワークの時間が長く、終始うつむきがちの姿勢をとっています。

この姿勢では呼吸も浅くなり、内臓の循環状態も悪化してしまうことが予測されます。

 

患者様にこういった特徴を持つ方がいらっしゃる場合は、腹式呼吸や深呼吸をセルフメンテナンスとして指導してはいかがでしょうか?

 

 

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。

【得点多数 女性特有の症状を改善できるセミナーのご案内】

TOTACAREアプローチ協会
TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

私たちのミッションは、自らの学び・成長を通して、確かな知識・技術を持った女性セラピストを世の中に生み出すことである。この活動により、女性セラピストが行う社会貢献を全面的に支援していく。

人々の『美しさ』と『健康』を最大限サポートし、予防医学としても日本社会に貢献していくことを喜びとする。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録