TOTAL CAREアプローチ協会

内臓治療を学ぶメリットについて改めてざっくりと解説してみた。

 

こんにちは、TOTALCAREアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!
TOTALCAREアプローチ協会講師の北爪です(^^)

 

今回の記事では

『内臓治療』の基本的な考え方をお伝えします。

僕自身、

内臓治療を学んだことで

臨床が劇的に変化しました。

 

この記事では

内臓治療を学ぶメリットからお伝えしようと思います。

【メリット1:自律神経系の問題にアプローチ出来る】

このメリットがメチャメチャ大きいです。

セラピストの可能性を大きく高めてくれます。

僕が受講生さんに内臓治療を教えて

一番感謝して頂けるのもこのメリットです。

自律神経系の問題とは

・高血圧

・むくみ

・冷え性

・便秘症

・頭痛

・胃もたれ

・生理痛

・生理不順

・・・etc

などです。

従来の筋-骨格系の手技では

対応できない問題ばかりですよね。

自律神経系の問題は

日々の生活習慣によって内臓が疲弊し

生じていることが非常に多いです。

疲弊した内臓は

血流がうっ滞し、重くなります。

重くなった内臓は重力によって下方偏移します。

内臓治療では偏位した内臓をリリースすることで

血流の改善やアライメント修正を徒手的に行います。

おっと、治療のメリットの話でしたね。

内臓が治療対象として選択肢に加わると

一気に介入できる症状の幅が広がります。

美容整体分野では

・生理痛、生理不順改善メニュー

・むくみ改善メニュー

・体質(冷え性/便秘など)改善メニュー

・リラクゼーションメニュー

…etc

内臓治療を学ぶと様々なメニューが立案できます。

それだけでなく

骨盤矯正と内臓治療

小顔矯正と内臓治療

のように他の美容メニューとミックスすることで

美容整体として一気に希少性を持つことが出来ます。

※希少性の重要性については前回のメルマガ参照

骨盤矯正+生理痛緩和とか。

単なる「骨盤矯正」よりも

圧倒的に希少性があります。

これこそ、セラピストとしての強みですね。

【メリット2:症状の“戻り”を防止できる。】

これも内臓治療の大きなメリットです。

美容整体でも、臨床現場でも

ネックになるのが症状の“戻り”です。

例えば

筋-骨格系のアプローチをして

右肩の痛みが改善したとします。

しかし、翌日には痛みが再発してしまっている…。

似たような経験をした人は多いと思います。

この原因には内臓の影響がある場合が多いです。

よく勘違いされますが

内臓は筋-骨格系から独立した組織ではありません。

理科室の人体模型のように

臓器が単体でポコッと外れたりしません。

腹膜や筋膜によって筋-骨格に固定されています。

例えば肝臓。

肝臓は腹膜によって横隔膜に付着します。

そして

先ほどの復習ですが

疲弊した臓器は下方偏移します。

肝臓が下方偏移すれば、

横隔膜も下方に牽引されます。

肝臓の重さは1.2~1.5Kgなので

かなり強い牽引力が生まれます。

横隔膜はディープフロントラインという

筋膜の繋がりによって

斜角筋や頸長筋と関連しています。

ここで肩の痛みに対して

筋-骨格系のテクニックのみを適応しても

症状が戻ってしまう原因が見えてきます。

肝臓が横隔膜を下方に牽引したままなので

時間経過と共に

筋膜ラインが緊張してしまうのです。

そして症状が戻るというわけです。

筋-骨格系と内臓治療のどちらも行うことで

症状の根本治療に近づくことが出来ます。

(頭蓋仙骨療法も行えば更に◎)

内臓治療のメリットだけを

簡潔に書くつもりでしたが

臨床応用的な部分まで話が波及してしまいました。

 

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました。
メルマガ限定の情報もありますので、宜しければそちらもご覧ください♪
【メルマガ登録はこちら】

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

女性同士で多くのご縁をつなぎながら治療技術はもちろん、健康や美容の知識・スキルを持った女性セラピストを作り出し日本女性の在り方を尊重し数多くの笑顔を作ることを目指して行きます。

予防医学として、人間本来が持つ自然治癒力が最大限発揮できるよう我々スタッフ一同が全力でサポートしていきます。その結果、日本中の女性が健康となることが最大の社会貢献であり常に全力を注いでいきます。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録