TOTAL CAREアプローチ協会

セラピストが行うべき美容整体の特長とは? ダイヤモンドと炭を例に

こんにちは

TOTAL CARE アプローチ協会 講師の北爪です(^^)

本日は
『セラピストが行うべき美容整体の特長』
というテーマでお伝えします。

“特徴”ではなく“特長”です。

特長とは、他よりも優れている点です。

ここを理解することが

美容分野で活躍する為に非常に重要になります。

 

突然ですが、質問です。

「美容整体メニュー」という言葉を読んで
何を想い浮かべるでしょうか?

小顔矯正

骨盤矯正

バストアップ

…etc

様々なメニューを連想すると思います。

それでは、

一般のお客様が、上記のようなメニューを受けたいと思った時

どんな職業の人のもとへ真っ先に行くでしょうか?

理学療法士? 柔道整復師? 鍼灸師?

...多分、いずれも第1選択とはならないと思います。

多くの場合は
エステティシャンやリフレの先生が第1選択です。

その理由は簡単です。

世の中のイメージとして

“美のプロフェッショナル”といえば

エステティシャンだからです。

これは、セラピストの知識や技術が

エステティシャンに大きく劣っていると言っている訳ではありません。

『職業イメージの部分でハンディキャップがある』

ということです。

そして、

このハンディキャップを乗り越えない限り

自分の見込み客は全て

エステ業界にとられてしまいます。

この問題の解決策として
何をするのが有効でしょうか?

・オシャレな広告を描く
・店内のインテリアをこだわる
・アロマキャンドルを使ってみる 
等々

上記のように
エステ業界と似た雰囲気を作る努力をする人がいます。

ですが、これらの努力は

“エステ業界の真似”に終始しています。

我々セラピストの強みが全く生かされていません。

ここで非常に重要な考えを紹介します。

希少性=価値

という考え方です。

希少性=価値

絶対に忘れないようにして下さい。

この考え方は、あらゆる業界で応用が利きます。

例えば、ダイヤモンドと炭を思い浮かべてください。

一般的に価値が高いのはどちらでしょうか?

当然、ダイヤモンドです。

では

何故、ダイヤモンドは炭よりも

価値が高いのでしょうか?

どちらも同じ炭素で構成されています。

綺麗だから?

硬いから?

いずれも答えとしては不十分です。

綺麗なものや硬いものなら他にいくらでもあります。

正解は、

“希少性が高いから”です。

希少性とは珍しさのことです。

珍しいからこそ、価値があるのです。

足の速い小学生がクラスでモテるのも希少性です。

期間限定品が売れるのも希少性です。

美男・美女が得をする理由も希少性です。

この考えを美容整体分野にあてはめると

これまでの美容業界になかったものを

セラピストが提供することが

この美容業界における希少性となります。

従来の美容業界は、

『美しくする』

この1点に集中して価値提供するのがセオリーでした。

ここで、我々セラピストが

『美しくする+α』の価値提供をすれば

それが希少性へと繋がります。

つまり、エステ業界と差別化を図れるのです。

・小顔矯正で片頭痛が改善

・骨盤矯正で冷え性改善

・バストアップで首、肩、腰の痛み改善

などなど

エステやリラクにはない価値を提供できます。

これが可能になれば、非常に強力です。

あなたの施術は

業界で希少性の高いダイヤモンドとなります。

この状態になる為に必須の技術が

『内臓治療』と『頭蓋仙骨療法』

です。

“知ってた方がいい”ではなく“必須”です。

この技術を小顔矯正や骨盤矯正と組み合わせることで

一気に希少性を高めることが出来ます。

 

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

【現在開催中のセミナーはこちら】

メルマガ限定の情報もありますので、宜しければそちらもご覧ください♪

【メルマガ登録はこちら】

TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

私たちのミッションは、自らの学び・成長を通して、確かな知識・技術を持った女性セラピストを世の中に生み出すことである。この活動により、女性セラピストが行う社会貢献を全面的に支援していく。

人々の『美しさ』と『健康』を最大限サポートし、予防医学としても日本社会に貢献していくことを喜びとする。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録