TOTAL CAREアプローチ協会

あなたの知らない脾臓の解剖学。脾臓の内臓治療における基礎知識。

こんにちは、いつもTOTALCAREアプローチ協会のブログを読んでいただき有り難うございます。

TOTALCAREアプローチ協会講師の北爪です(^^)

 

今回は内臓治療の中でも“脾臓”に焦点を当てた内容になっています。

脾臓と言うと、内臓治療の中ではマイナーな場所であると認識している方も多いかもしれませんが、実際はイネイトインテリジェンス(主に免疫機能)の向上や頸部や胸椎、左肩関節の関節可動域の大きく関わっています。

 

非常に応用が利く治療部位になるので、是非マスターして欲しい治療テクニックの1つです。

今回は、そんな脾臓治療を行う上で絶対に知っておかなければいけない脾臓の解剖学についてお伝えします。

「脾臓の治療をしたいけれど、どこに手を置いたら良いか分からない…。」

「何となく治療しているけど、この方法で良いのか自身が持てない…。」

なんてことにならないよう、しっかりと確認しておきましょう!(^^)

脾臓の解剖学

過去に何度もお伝えしていますが、内臓治療の精度は“如何に内臓のイメージを3Dで捉えられるか”によって大きく左右されます。

脾臓の解剖をしっかりと確認しておきましょう。

脾臓の解剖 概要

まずは、脾臓の大きさや形をイメージ出来るようになりましょう。

脾臓の大きさは、縦10~12cm、横幅6~7cm、厚さ3~4cmとなっています。

握りこぶしをひと回り小さくしたような感じですね。

 

重さは150~200gと言われています。

血液を豊富に含む臓器なので、意外と重量がある臓器です。

それ故にアライメント不良で下方偏位が生じてた場合などは、脾臓の下方にある左結腸曲(脾弯曲)を圧迫して便秘の原因になったりします。

 

また、参考書によっては“正常な大きさのときは触知することが出来ない”と記載する場合もあるようですが、僕の個人的な経験から言えば十分触知可能な臓器だと考えています。

具体的な方法については、セミナーにお越しいただいた際にお伝えできればと思います(^^)

脾臓の解剖 位置

次は、脾臓の位置についてお伝えしていきます。

脾臓は左下部肋骨の腹腔内に存在し、第9~11肋骨の高さに位置しています。

また、やや後方に存在する臓器なので、触診する際は後方から触ることが多い臓器です。

脾臓の解剖 付着・固定

各臓器は筋膜や腹膜など、様々な組織によってアライメントが保たれています。

この構造が、各臓器のニュートラルポジションや可動性を規定しています。

内臓治療に必要な解剖イメージを培うのに必須の知識となりますので、是非確認しておきましょう。

 

脾臓の付着・固定は以下の組織によって規定されています。

●臓器の圧

●ツルゴール

●左横隔結腸ひだ

●胃脾間膜

●脾腎ひだ

●膵脾間膜

これらの構造が脾臓の付着・固定に関与しています。

上記を見て頂くと分かるように、脾臓は胃、腎臓、膵臓と直接的に膜やひだで連結していたり、左横隔結腸ひだに付着していたりと周囲組織との解剖学的な関係性が非常に強い臓器です。

この点を考えると、脾臓のアライメント不良が二次的に他の臓器のアライメント不良を招いてしまうことは容易に想像出来るかと思います。

脾臓の可動力

次は、脾臓の可動力についてです。

可動力とは臓器が持つ、隣接する組織との間に生じる運動のことです。

呼吸や平滑筋の不随意的な収縮、蠕動運動などがこの可動力を規定しています。

 

脾臓の可動力は横隔膜の運動を追うようになっています。

つまり、息を吸うときは尾側内側方向に移動し、息を吐くときは逆方向(頭側外側方向)に移動します。

これは脾臓がちょうど横隔膜の真下に存在し、横隔膜の変動に直接影響されることに起因します。

 

また、脾臓の位置は身体の姿勢変化や、左横隔結腸ひだと横行結腸の張力と長さからも影響を受けます。

胃が満腹の時も同様で、脾臓は前方下方に移動します。

脾臓の循環器

●脾動脈(脾腎ひだを経由して走行する)

●脾静脈(脾腎ひだを経由して走行する)

 

【リンパ排出】

●腹腔リンパ節

●肝リンパ節

●胃リンパ節に連なる膵脾リンパ節

脾臓の支配神経

●T5~T9からでる交感神経系が、大内臓神経を経由し、腹腔神経叢に切り替わる。

●迷走神経

まとめ

最後に、今回の記事の中で特に重要な点をまとめて終わりにしようと思います。

●内臓治療には解剖のイメージが重要。

●脾臓は小さめの握りこぶしくらいの大きさ。

●脾臓は血液を多量に含むので意外と重たい(150~200g)。その為、結腸曲を圧迫して便秘の原因となる場合がある。

●脾臓は複数の臓器と解剖学的に密接に関係している(脾臓のアライメント不良は二次的に他の臓器のアライメント不良を招いてしまう。)

●脾臓は横隔膜の真下にあるので、呼吸うんそうにおける横隔膜の動きに連動する形で可動力を持つ。

 

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。

 

【女性特有の症状を改善できるセミナーのご案内】

TOTACAREアプローチ協会
ABOUT ME
山口 拓也
山口 拓也
病院勤務を経て24歳で独立開業。24歳に病院で勤務しているにも関わらず、週末開業で100万を達成させる。本開業後も100万以上をキープしつつセラピストに治療技術を伝達するALLアプローチ協会を設立。わずか5ヶ月で協会の売り上げが月180万以上を達成し毎月40〜50人以上の受講生さんに治療技術を教える。開業志望のあるセラピストに経営のノウハウも伝え幅広い活動を行なっている。そして、女性が来やすいセミナー団体としてTOTALCAREアプローチ協会を設立した。
TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

女性同士で多くのご縁をつなぎながら治療技術はもちろん、健康や美容の知識・スキルを持った女性セラピストを作り出し日本女性の在り方を尊重し数多くの笑顔を作ることを目指して行きます。

予防医学として、人間本来が持つ自然治癒力が最大限発揮できるよう我々スタッフ一同が全力でサポートしていきます。その結果、日本中の女性が健康となることが最大の社会貢献であり常に全力を注いでいきます。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録