TOTAL CAREアプローチ協会

【超重要】自律神経の乱れや腰痛を改善させる「首の筋肉」とは?

こんにちは、
TOTALCAREアプローチ協会 代表の北爪です(^^)

本日もセラピストの皆様に、日々のお仕事で使える有益な情報、アイディアを配信させていただきます。

ぜひ、最後までご覧いただけると幸いです!

 

先日、こんなツイートをしました↓

 

今回の記事では、

『【超重要】自律神経の乱れや腰痛を改善させる「首の筋肉」とは?』

というタイトルでお伝えしていきます。

 

 

首の筋肉と、肩こりの関係性については多くのセミナーで語られています。

しかし、腰痛や自律神経の乱れと首の筋肉について解説している記事や動画は意外と少ないのかな?

と思って今回は記事にしてみました。

 

腰痛を治療する時に、腰や下半身だけの施術で終わりにしてしまう人。

 

自律神経症状に対して向き合う時に、内臓アプローチや生活習慣指導のみを行う人。

(もちろん上記も超重要な部分です。)

 

上記の人は、とても勿体ないと思います。

もう少し、視野を広げるだけでも得られる施術効果は格段に変わってくるのになあ。と感じています。

 

今回は、「首の筋肉」に着目して腰痛や自律神経症状について

考えていこうと思います。

 

この記事をきっかけに、日々の臨床のアイディアを広げて頂けますと幸いです(^^)

 

【胸鎖乳突筋に着目すべし】

はい。

結論から申し上げますと

「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」

が今回ターゲットとなる筋肉です。

 

最初に、簡単にこの筋肉について復習しておきましょう。

 

〇起始:

胸骨頭:胸骨柄
鎖骨頭:鎖骨の内側1/3部

 

〇停止:乳様突起と上項線

 

〇支配神経:副神経

 

〇作用:

両側:頚部の屈曲、胸骨を上げることで努力性吸気を補助

片側:頸部の同側側屈、頸部の反対側回旋

 

起始が鎖骨や胸骨で、停止が頭蓋骨という所がポイントですよね。

他の筋肉とは違って、起始が足側で停止が頭側なので、

学生の頃はなんだか違和感を覚えたものです。

 

 

「上から斜め下に向かって引っ張る筋肉」

と何となくでもイメージしてもらえればと思います。

【自律神経の乱れと胸鎖乳突筋の関係性について】

自律神経の問題を抱える人は

胸鎖乳突筋もアプローチの対象になる場合が非常に多いですよ。

 

胸鎖乳突筋の停止部は、

乳様突起と上項線です。

 

言い換えれば、

乳様突起(側頭骨)と上項線(後頭骨)です。

 

側頭骨と後頭骨の二つの骨にまたがって付着しているので

頭蓋骨の一次呼吸に密接に影響します。

 

簡単に言うと

胸鎖乳突筋が固いと、一次呼吸が制限されてしまうということです。

 

一次呼吸が制限されれば

当然、脳脊髄液の産生と吸収も制限されてしまいます。

 

頭蓋仙骨アプローチで自律神経系症状の改善を狙えるのは

以前からお伝えしてきた通りですが、

頭蓋仙骨アプローチを行う上で胸鎖乳突筋にもしっかりと介入すべきであるという事です。

 

また、胸鎖乳突筋が固くなるということは、

頸部周囲の循環状態が阻害されることを意味しています。

 

頸椎は自律神経系に関与するので、頸部周囲の循環不全は

自律神経の正常な機能を低下させてしまいます。

 

血液と脳脊髄液という2つの体液から考えても、

胸鎖乳突筋にアプローチする意義は大きそうですね。

 

【腰痛と胸鎖乳突筋の関係性について】

胸鎖乳突筋は腰痛にも関係しています。

 

頸部の筋肉なのに、ちょっと不思議ですよね。

 

この背景を理解するためには、筋膜ラインに目を向ける必要があります。

胸鎖乳突筋は筋膜ラインにおける『ラテラル・ライン』と呼ばれるラインの一部分を構成しています。

 

アナトミートレインという本に書いてある内容ですね。

身体の外側を通過する筋膜ラインです。

 

このラインの役割としては、身体の側屈運動と回旋運動の調整です。

身体を傾ける動きと捻る動きをコントロールしているということです。

 

そして、身体の安定化を図る筋膜ラインは

不良姿勢によって負担がかかりやすいという性質があります。

 

それ故に、身体の動きを制御する役割が強い

『ラテラルライン』と『ディープフロントライン』は

多くの人がストレスを受けています。

 

ストレスを受けた筋膜ラインは疼痛誘発物質が蓄積され

痛みを生じます。

 

簡単にいうと腰痛の原因になりやすいという事です。

 

胸鎖乳突筋は頸部の不良姿勢によって固くなりますが、

その固さは、ラテラルライン上の筋肉すべてに波及していきます。

 

結果的には、腰痛の一因となりうるということです。

しかも現代人の大半は、頸部のアライメントが宜しくありません。

 

デスクワークやスマホの弊害ですね。

胸鎖乳突筋と腰痛が関係している人は結構多い印象です。

 

 

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

 

【もしも、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

私たちのミッションは、自らの学び・成長を通して、確かな知識・技術を持った女性セラピストを世の中に生み出すことである。この活動により、女性セラピストが行う社会貢献を全面的に支援していく。

人々の『美しさ』と『健康』を最大限サポートし、予防医学としても日本社会に貢献していくことを喜びとする。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録