TOTAL CAREアプローチ協会

【内臓治療】小腸(空腸・回腸)テクニックの使い方、禁忌事項など。

こんにちは、いつもTOTALCAREアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

TOTALCAREアプローチ協会講師の北爪です(^^)

 

前回記事までで、『小腸の解剖学』『小腸の生理学的特徴』の2つをお伝えしてきました。

今回の記事では、上記2つの内容を踏まえて小腸の内臓治療を行う上での適応疾患・症状や治療の際に役立つ反射点などをお伝え致します。

 

この記事を通して、実際に誰かにテクニックを使う際のイメージを持って頂ければと思います(^^)

TOTACAREアプローチ協会

小腸治療の適応疾患、症状

小腸(空腸・回腸)治療の適応疾患や症状は以下の通りです。

●肩こり、腰痛、肩痛など

●便秘

●下痢

●風邪

●うつ病などの精神系

●肌荒れ、アトピー、アレルギー

●頭痛

●不妊

●妊娠後の小腸のアライメント不良(妊娠後のホルモンの影響で結合組織が弛緩)

●加齢による小腸のアライメント不良(彼にともない、組織の緊張度が低下する)

 

上記の症状や疾患が

小腸治療の適応となります。

小腸は消化、免疫、吸収、排泄などイネイトインテリジェンスに関わる機能の大部分に関与しています。

従って、患者様のイネイトを高める為に治療する意義は大きいと考えられます。

また、小腸の固定に大きく役立っている腸管膜根は、加齢やホルモンバランスの影響により張力を失い、その結果小腸のアライメント不良(下方落下)を招いてしまう場合もあります。

構造面でのアプローチも忘れないようにしましょう。

小腸治療の禁忌事項

以下のような場合には、小腸治療を控えるようにしましょう。

●急性炎症

●発熱時

●急性期の瘢痕

●血便

●腹膜炎の徴候(強い腹痛など)

●小腸治療したことが引き金となり、深刻な悪心、嘔吐、めまい、虚脱傾向、頻脈など、明らかに自律神経系の反応が現れた場合

 

特に、最後のものは“好転反応”と呼ばれる症状であり、内臓治療を長時間やり過ぎてしまうと副作用的に生じる症状です。

参考書によって内臓治療に要する時間の目安は記載がことなるようですが、個人的には1カ所あたり約40秒以内に収めることが、好転反応を出さない治療時間の目安と考えています。

もちろん、好転反応には個人差が存在しますが、参考までに覚えておいて頂ければと思います。

 

今回の記事は以上になります。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。

以下に現在開催しているセミナーのご案内がありますので、そちらもご確認頂けると幸いです(^^)
【女性特有の症状を改善できるセミナーのご案内】

TOTACAREアプローチ協会
ABOUT ME
山口 拓也
山口 拓也
病院勤務を経て24歳で独立開業。24歳に病院で勤務しているにも関わらず、週末開業で100万を達成させる。本開業後も100万以上をキープしつつセラピストに治療技術を伝達するALLアプローチ協会を設立。わずか5ヶ月で協会の売り上げが月180万以上を達成し毎月40〜50人以上の受講生さんに治療技術を教える。開業志望のあるセラピストに経営のノウハウも伝え幅広い活動を行なっている。そして、女性が来やすいセミナー団体としてTOTALCAREアプローチ協会を設立した。
TOTALCAREアプローチ協会

協会理念

女性同士で多くのご縁をつなぎながら治療技術はもちろん、健康や美容の知識・スキルを持った女性セラピストを作り出し日本女性の在り方を尊重し数多くの笑顔を作ることを目指して行きます。

予防医学として、人間本来が持つ自然治癒力が最大限発揮できるよう我々スタッフ一同が全力でサポートしていきます。その結果、日本中の女性が健康となることが最大の社会貢献であり常に全力を注いでいきます。

公式LINE@に登録

公式LINE@にてセミナー情報や、ブログには書けない特別なメルマガを配信しています。健康・美容の知識やスキルを身に付けたい女性は今すぐご登録ください。

TOTACAREアプローチ協会

公式メルマガ

公式LINE@に登録